木牛流馬が動かない

テクノロジーや気付きによる日常生活のアップデートに焦点をあて、個人と世界が変わる瞬間に何が起きるのかを見極めるブログ。テーマは人類史、芸術文化、便利ツール、育児記録、書評など。

木牛流馬が動かない

Civ4五大国決戦マルチ実況・木牛流馬視点(2)青銅器時代

Civilization4マルチプレイのマルチ実況2回目です。

これまでのあらすじ

  • 希望は天上にありの弦音なるよ氏(+2人)でゲーム中です。
  • 建国と首都ウルンディ建設
  • 仏教を創始

前回はこちら。 euphoniumize-45th.hatenablog.com

バグで完全に出遅れた

まだまだ(ゲーム内)時代は古代なので、せっせと都市を作って国力を増やさなければなりません。

ところが、なぜか都市がつくれない。 開拓者ユニットが都市をつくるのですが、なぜかボタンを押しても土地を移動しても、エラー音が鳴るのみ。

他プレイヤーに相談してみたところ、どうやらゲームのバグの可能性が濃厚。 どうやらたまに起きるみたいです。おい、フザケンなよ。。。

いったんゲームを再起動。 まったく興が削がれるとはこのことよ… 再起動後は、期待通り都市を作ることができました。 (他プレイヤーの皆様すみませんでした)

これの何が痛いって、私が都市を作ろうと思っていた場所に、他国が都市を作ってしまったこと。 バグと気づくまでに数ターン無駄にしてしまったことが大きいです。

もちろんその土地には奪われないように戦士を配置していたのですが、他国の開拓者を私は見ることができなかったようで1、出し抜かれてしまいました。ぐぬぬ

南方の国境をかためる

その憎き都市は、具体的には馬国の寧夏。 我が国からみて、首都ウルンディの南西にあたります。

f:id:euphoniumize-45th:20180402012545p:plain この地図では、右上にチラ見えの黄色が我が国の領土。

ここは資源が豊富な地域で、ワイン(おじいさんマーク)、(寧夏の真上)、石材(石のマーク)がとれます。それだけで魅力的な土地。

さらに、かつゲーム後半には軍事上の戦略拠点にもなりうる、重要地点と私は考えています。 我がシャカ族にとってだけでなく。

f:id:euphoniumize-45th:20180402014447p:plain

それは、この地域は、現時点で3カ国(現時点で見えていないが、さらに西側に別の国があると仮定)と隣接しているから。 まずそれだけで後々モメそうだと直感的に思い、急いで確保したかったのが1つ。

また、我が国は大陸北方にあることから、のちのち進軍(南下)する際の拠点になりうる土地でもあります。

さらに、ゲームが進んで(現時点で見えていませんが)もし西方に大国を発見した場合に備えて、西方に対する防衛拠点にもなる、と考えました。 以上の理由から、個人的には、W.W.1のバルカン半島に匹敵するレベルの重要地域と思ってます。

余談ですが、馬国がここに都市を配置したマスは、私の想定より数マスずれています。

えー、そこーーー??
ここに都市作るなら海沿いでしょうが。。

まぁ作られてしまったものはしょうがないので、ここは作戦の練り直しです。 その土地…いずれ貰い受ける……ゴゴゴゴ(宣言)

まずは国土防衛

さらに、これ(寧夏建設)によって我が国の対南方(実質的に馬国)防衛線をつくる作業の優先度が上がりました。

その一環として、第3の都市ノバンバを建設。 国土防衛と、例の半島の付け根をおさえる意図を兼ねて、軍港都市です。 付け根は完全には抑えられませんが、まぁこの状況ではよしとします。


半島は付け根を抑えたものが支配する

さらに、馬国のこちらへの領土拡大を防ぐべく、戦士2ユニットを国境線に配備。 こいつらをどこかへ移動させてしまうと、おそらく一気に馬国の領土が広がってしまうため2、これは動かせない。

成長と防衛のバランスが重要なゲームなので、どんどん国を育てていきたいところですが、まずは防衛を固める。 といっても馬国と国境をめぐって争う気は(今は)ないので、友好的にいこうと思いますよ。

食料の確保も重要

順番が前後しましたが、第二の都市ウムグングンドロヴも建設しました。 シャカ族の固有名詞が覚えられん。。。

我が国の南側、馬国との国境付近です。

ここは大農業地帯のため、食料生産に期待が持てます。 すでに馬国の領土が近くに迫っていたので、これは急ぎました。

f:id:euphoniumize-45th:20180402012424p:plain パンの数が食糧生産数を表す。

この都市建設で、我が国の成長率がかなり上がりました。 やれやれ、ようやく他国に追いつくメドがついたかな。

第4の都市を建設するも…

さて、我が国東側には、山岳地帯があります。 古来から(リアルでも)山は天然の要害と言われており、うまく使えば最高の防御施設になるわけです。

というわで、そこに第4の都市ブラワイオを建設。 山のためにユニットが通れる道は限られているので、そこを抑える役目です。 これでひとまず東の防衛線はOK。

と思ったら、蛮族(国を持たないAI)がドキドキ急接近!

戦士を送りこむ間もなく、作ったばかりの都市が破壊されました。 f:id:euphoniumize-45th:20180402011203p:plain

おのれ…ゆるさん…

ちなみに、ブラワイオ破壊とほぼ時期を同じくして、馬国の都市寧夏も別の蛮族によって略奪された模様。 f:id:euphoniumize-45th:20180402010844p:plain

ざまぁぁぁぁぁ!!

といったところで、リアル世界のタイムリミット。 今回はここまでです。

次回以降の戦略

内政

やっと内政が安定してきたので、そろそろ海洋系ユニットを作り始めようかな、と思います。 我が国のまわりの海は、カニなどの海洋資源もちらほら見られるので、これを見逃す手はない。

あとはテクノロジー開発ですね。 他国に先んじて有効なテクノロジーを入手することで、国土開発的にも軍事的にも優位に立つことができます。 やはりここは「尖った」テクノロジーを開発することで他国と交渉を有利にしたいところ。

我が国は領土が東西に広くなりそうなので、早めに移動系のユニット(たとえば騎兵隊とか)を作る必要がありそう。 次回は、そのためのテクノロジー開発を目指す所存。

外交

ゲームスコア的には、弦の国餃子国にリードを許している状況なので、そろそろ手を売っておかねば。

でも、まずは地図を埋めることからですね。 実質的に、現時点では馬国しか見えていませんので。

ゲーム実況

今回の実況の裏事情は、弦の民さんの中の人のブログでも公開しています。 私の雑なメモよりもしっかり記録・記述しているので、楽しめるはず。
(テクノロジー開発時期はメモしておけばよかったなー)

こちらもどうぞ。 hiah.minibird.jp

おしまい。


  1. 見えなかったのは他プレイヤーの意図ではなく、ゲームシステム上そういうものみたいです。

  2. ゲームシステム上自動的にそうなるみたい。(我々は「文化侵略」と呼んでます)