木牛流馬が動かない

テクノロジーや気付きによる日常生活のアップデートに焦点をあて、個人と世界が変わる瞬間に何が起きるのかを見極めるブログ。テーマは、人類史、芸術と文化、便利ツール、育児記録、書評など。

書評『ひとを<嫌う>ということ』

ずっと気になっていた本を、年末年始に読みました。

ひとを“嫌う”ということ (角川文庫)

ひとを“嫌う”ということ (角川文庫)

[asin:B00IADVP0I:detail]

ひとを<嫌う>ということ

中島義道

★★★★☆

目次

  1. すべての人を好きにはなれない
  2. 「嫌い」の諸段階
  3. 「嫌い」の原因を探る
  4. 自己嫌悪
  5. 「嫌い」と人生の豊かさ

「嫌い」とはなにか

著者の中島義道氏の本業は「戦う哲学者」ですが、これまで(おそらくこれからも)家族や知人について嫌い嫌われることが多かったそうです。

本書に紹介されている具体的なエピソードを読むとわかりますが、なかなかの偏屈者である(そしてその自覚がある)ご様子。 その経験をもとに「嫌いとは何か?」を考え抜いてまとめたのが本書になります。

さて、著者が本書で最も伝えたいのは以下の引用文に尽きます。

他人を好きになることは他人を嫌いになることこと表裏一体の関係にあるのです。 (中略) いったい、人を嫌うということとはそんなに避難されるべきことなのか。人を嫌うことは――食欲や性欲あるいはエゴイズムと同様――ごく自然であり、それをうまく運用してゆくことのうちに、人生の豊かさがあるのではないか。つまり、はじめから廃棄処分して蓋をしてしまうのではなく、「嫌い」を正確に見届けてゆくことは、「好き」と同様やはり豊かな人生を築く一環なのではないか。これが、本書で私が言いたいことなのです。

はじめにより

世間一般的に「人を好きになる」ことは推奨されている(少なくとも悪いこととは思われていない)のに、「人を嫌ってはいけない」と思い込んでいる人が多いことは、正確な数値データがなくても実感としてわかるのではないでしょうか。 私自身、少なからずそう思っているところはあります。

著者の主張としては、ただ人を嫌えと言っているわけではなく、好きも嫌いも両方の自然な感情を自然に受け入れることで、人生がより豊かに過ごせるよ、ということ。
ただし、闇雲に周囲を嫌っても自分が生きにくくなるだけ。 いくら自然な感情といっても、とかく「嫌い」は人と衝突する要因になりがちなので、正しい「嫌い方」を知っておこう、という論旨です。

ここでいう「好き嫌い」は恋愛に限りません。

私は読者としてすべての人を対象にしているのではありません。「嫌い」に躓かない人はそれでいい。自分が他人を嫌っていることに罪悪感をあまり感じない人、他人から嫌われていることをさらっとかわしている人、そこにこだわらない器用な人はそれでいい。ただそれにもんもんとこだわる(たぶん一パーセントくらいの)生きるのが困難な同胞にメッセージを送りたいのです。

5 「嫌い」と人生の豊かさ より

私は「嫌い」について、生きるのが困難なほどには悩んではいませんが、仕事上つきあいのある人で嫌いな人は当然いるわけです。 他にも、嫌いたくないのについ「嫌い」という感情を抱いてしまう人なんかもいます。

また、知人でも、他人を「嫌う」ことに罪悪感をもつあまり生きづらそうにしている人を見かけることもあり、その対応に困ることもあります。 たとえば、無闇矢鱈に自虐ネタを繰り出してくる人なんかもよくいますね。 そんなときの対応に役立つかもしれません、と書いてて思ったのですが、そんなことはなさそうな気もします。 が、他人を嫌うのを「嫌う」あまり自分を嫌うことにしたというプロセスも(皆が皆そうではないかもしれませんが)、本書で解説されています。 ちなみに本書では、他人を嫌う話だけでなく、自己嫌悪についても触れられています。

世の中には不思議な考えをする人が大勢いて、彼らは地上のすべての人を好きにならなければならないと思いこんでいる。あるいは、そこまで行かなくとも、誰をも嫌ってはならないと信じ込んでいる。ですから、そういう人は、自分がある人を嫌っていることを自覚すると、大層悩むのです。

1 すべての人を好きにはなれないより

個人的な感想としては、よくある表面的な感情コントロール自己啓発本とは一線を画しており、むしろその逆で心の根本を問い直す哲学本ではないかと思います。 まぁそこまで小難しく構えなくても、目を背けがちな感情の正体を知っておくだけでも、気持ちがすこし軽くなることもあるという経験は私もありますので、読んでおきたい本だったわけです。

「嫌い」の種類と原因

一口に「嫌い」といっても、そこには複雑な感情が絡み合っていることは、言うまでもないでしょう。 著者はそれを原因や「段階」ごとに整理分類し、ひとつひとつ定義とそれに対する「ささやかな提案」を示します。 自分の(ある人に対する)「嫌い」がどれに当てはまるかを知るだけでも、その人との上手い付き合い方を見つけるヒントになります。

著者が本書で焦点をあてるのは、「日常的な嫌い」。なにかきっかけがあって「身も震えるほど嫌う」ような憎悪ではなく、「なんとなく気に食わないやつだ」程度の「嫌い」。誰にでも普通に起こる感情について扱うわけです。

本書の難しさは、異常心理学や犯罪心理学あるいは精神病理学の分野になだれ込まないで、いかにして日常的な「嫌い」を分析することができるかにかかっている。

2 「嫌い」の諸段階より

この点では、本書の分析は成功と呼べると思います。 少なくとも、ここまで「普遍的に」「嫌い」を扱った書籍を寡聞ながら私は知りませんでした。

さて、それでは本書の示す「嫌い」の分類を見てみると、以下の8個があげられています。 (「嫌い」という感情を抱く自己正当化の原因の分類)

  1. 相手が自分の期待に応えてくれないこと
  2. 相手が現在あるいは将来自分に危害(損失)を加えるおそれがあること
  3. 相手に対する嫉妬
  4. 相手に対する軽蔑
  5. 相手が自分を「軽蔑している」という感じがすること
  6. 相手が自分を「嫌っている」という感じがすること
  7. 相手に対する絶対的無関心
  8. 相手に対する生理的・観念的な拒絶反応

わかるわー…わかるわー…(遠い目)

このリストを眺めるだけでも、なかなか鋭い分類であることが見てとれると思います。 特に5とかタイトルだけで秀逸。
しかも、この順に「嫌い」のプロセスが進んでいく様子が、詳しく解説されています。

実はこの中にも小分類があったり変形があったりするのですが、著者もこの分類は「網羅性があると自負」しているそうで、「嫌い」の研究としてはひとつの完成と見てよいのでは、と思えるレベルです。 (というか、そこまで「嫌い」について考えたことがないから…)

ここでは1つ1つ細かい紹介はしませんが、いくつか気になったところをピックアップしてみます。

「原因」とは

さて、著者は哲学者だけあって(偏見)、最初にしっかり用語の定義をしています。 一例をあげると、「嫌い」の「原因」とは?という話。

原因とは、ある自然な傾向を前提とし、それからの逸脱を引き起こしたものを探るという態度にもとづくからです。 (中略) 原因を追求するとは、原因に罪=責任を押しつけることによって、自分がその力から解放されることです。原因を知れば次の事故を防ぐことができる。しかし、かならずしも原因探求の動機はこれだけではない。 (中略) 「嫌い」とは不快な感情ですから、これを取り除きたいのですが、それができない場合もせめて原因を探求して、それに罪を帰することによって、自分は不快感から解放されたい。こういう企みがあるのです。

3 「嫌い」の原因を探る

とはいえ、これで本当の原因がわからなければ苦痛が続くかといえば、そうでもない。 どんなハチャメチャな論理であれ、納得できる原因さえ見つかれば、人は少なくとも「不快感」からは脱せられるからです。 そこで最終的には「8. 相手に対する生理的・観念的な拒絶反応」つまり「なんとなくだけど、とにかく嫌い」に辿り着いたりするのですが、ここで本当の原因にどれだけ真剣に向き合うか、が本当の勝負といったところでしょうか。

「善人」とは

これは「1. 相手が自分の期待に応えてくれないこと」の一部。 ここが私が個人的に最も共感したところです。

人とは他人と感情を共有したい人のことです。他人が喜ぶときには共に喜び、悲しむときには共に悲しむ。 (中略) ですから、善人とは「嫌い」に向き合わない人と言えます。この人種には大きく分類して二通りある。一つは、自分はいつも善意の被害者であり、相手がいつも加害者であるという人。自分の加害性にまったく盲目なのです。こういう善人は常に愚痴ばかり言っている。 (中略) もう一つのタイプは、全て他人は善人だとみなす人。相手の悪意も善意に切り替えて解釈しようとし、すべての人を好きになるべきだと考えている人。こういう人も、これは意志というより体感的なものですから、こう考えないと落ち着かないのです。 (中略) 両方のタイプは逆のベクトルを持っているように見えますが、同じ穴のムジナ。なぜなら、両者とも、自分と相手との対立を正確に測定しないからです。前者は、自己批判能力が絶望的に欠如している。後者は、さらにそれに輪をかけて他人批判能力までも欠如しているのです。

3 「嫌い」の原因を探るより

これは手厳しい。。。 「嫌い」の分析とはこういうこととはいえ、ここまでドラスティックに分析するとは。 個人的には、著者の観念がすこし厭世的にすぎるようにも、いくらか感じますが。 それでも、「嫌い」の研究としては非常に深く掘り下げられていると思います。

それにしても、世の中、善人でありたいと思う人は多いでしょうから(それが単なる思い込みだとしても)、著者への風当たりもさぞ強かろうと察します。 著者の意図を正しく汲み取ることができずに、勝手に怒り出す人も多そうです。 それを当然わかっていて、尚且つ、それが人のためになると信じて、ここまで徹底的に「嫌い」を語り尽くす著者に、敬意さえ感じます。

「嫌い」とは自然なことと認める

やはりどの「嫌い」にも共通するのは、その原因となる感情は仕方のないものである、ということ。 嫌われている側からすると理不尽な感情が原因になることもありますが(その感情を相手に伝えるかは別問題)、理不尽だからといってその感情を無理に消そうとするのではなく、その感情の起こる原因をくわしく掘り下げていくことで気持ちの整理をつけよう、というのが著者の主張になります。

私の「思想」は「ひとを好きになることと同様ひとを嫌いになることの自然性にしっかり目を向けよ」と書いてしまえば一行で終わってしまうほど簡単なものです。

5 「嫌い」と人生の豊かさ

私自身「嫌い」についてそこまでネガティブな感情はもってませんが、リアル社会では「嫌い」について語ることが取扱注意なことは分かっているつもりです。 もちろん生きている以上避けることはできないのですが、できるなら避けたい。 「善人」ですねー、イヤですねー。 そんなとき人間は、物語で「嫌い」について描くことを求めている気もします。

たとえば有名どころでいえば『3月のライオン』は嫌うことをしっかり描いている好例かと思います。 学校でのいじめのエピソードもそうだし、主人公の「家族」も嫌いあっている。 その「嫌い」を隠さず、無理になくそうともせず、ざわざわした感情を(苦悩しつつも)正面から受け止め、その上で対処をしていく過程を描く。 棋士それぞれの「自分との戦い」についても、言ってみれば自己嫌悪との戦いでもあるわけで、それをどう乗り越えるかという話です。 私は、あの作品はそこに最大の価値があると思っています。

あるいは、相性の悪い芸能人同士の嫌い合っている様子を映すバラエティー番組なんかも、「嫌い」をエンターテイメント化しています。 正直、悪趣味だと思いますが、それはそれで面白いのも事実。

もっとライトな例でいえば、本や音楽の話をするときに感じることはあります。
好きな作品や作者の話のときは普通の反応が返ってくるのですが、嫌いな作品の話をすると感情的になる人と、その話題に触れないようにする人の2タイプがいるかと思います。 嫌いな作品の話でも「ふーん、そこが嫌いなんだね」で済ませればいいと思うのですが、私の周りにはうまく「嫌う」ことができる人はあまり多くないと感じます。もちろん自分も含めて。 (もちろん、そもそもそんなに嫌いなものの話はしませんが、ときどきうっかり言っちゃうこともあるじゃないですか)

人間は社会的なイキモノですので、他人との協調の中で生きることが必須です。 生きていれば誰かを嫌う(ことが必要になる)ケースは必ず訪れるので、そのときうまく「嫌う」ことができるように、あるいは「自分を守れる」ように、こうした本を読んで心構えをしておくのも悪くないかと思います。 次は「嫌い」と「無関心」と「笑い」の関連について、こんな感じの本が読んでみたいと思いました(が、そんなのあるんでしょうか…)。

人間の心の根源的な部分に、あくまでも客観的に、ズカズカと踏み込む本書で(褒め言葉)すこし自分の心と生き方を見直してみようと思った年末年始でした。

関連リンク

toyokeizai.net

2017年にできたこと

「やりたいことリスト100」を作っているのですが、昨年達成したものを紹介します。 今年の計画とモチベーション維持のためです。

できなかったこと? なにそれおいしいの?

「できたこと」判定のポイントは、1つ1つのタスク粒度をなるべく細かくして、「完了」に対するハードルを思いっきり下げること。 まだまだ足りないと思うなら、次のステップを別タスクとして追加登録します。

キャンプをやる

やりました。 2回予定していましたが、1回は台風のため中止。10月に台風とかやめれ。 ロケーションは以下を参照。

新しいDAWをマスターする

DTM(いわゆる音楽制作)が趣味なのですが、そのために必要なのがDAW (Digital Audio Workstation) というソフトウェア。

DAWはいくつか種類があるのですが、私は「Studio One 3」を新たに導入しました。 理由は、UIの操作しやすさが一番しっくり来たから。 はるか昔Cubase LEを使ったことがあったので、導入のハードルが低くて助かりました。1

とりあえず最初は無料版を使っていましたが、ある程度使い方は把握し、いよいよ機能的に物足りなくなってきたので、昨年末にProfessional版に切り替えたところです。 これでMIDIファイルの読み込みとVST pluginが使えます!

この手のソフトウェアはそこそこ高額で、Studio One 3 Proは定価約5万円。

あまり知られていませんが(私だけ?)、年末のブラックフライデー期間って海外製品がかなりお安くなってるんですよ。 上記DAWは半額で入手し、ついでに弦楽器のソフト音源も購入しました。

DTMは、昔やってたのですがブランク空いてしまったので、2017年は復帰のためのリハビリという位置づけ。 とりあえず昨年夏頃からほぼ1~2週に1曲くらいのペースで作っています。 個人的には、これが2017年で1番大きな変化でした。

ケルト音楽を作れるようになる

というわけで、以下のような曲を作ってみました。 アイルランドの酒場で雑多に流れる音楽のイメージ。

レシピをCookpadに投稿する

個人プロジェクトのマネジメント手法を確立する

とても「完成」とはいえませんが、ひとまずドラフト版を作りました。 本ブログもプロジェクトの1つです。

フェーズ ツール
要求仕様(やりたいことリスト) Wunderlist
プロジェクト管理(TODOリスト/Doneリスト) Trello
Doingリスト Boostnote

メールアドレスの整理

プロジェクトの整理に伴い、メールアドレスも整理しました。

ふるさと納税する

しました。 両親の実家がある2都市に。

ドローン操作をマスターする

1台入手したのですが、安物は操作が難しいですね。 安定飛行機能がついていないモデルだったので、暴走しまくりでした。

www.gforce-hobby.jp

昨年春から夏は、子供は自転車で遊び、私はドローンで遊ぶ、という休日でした。

短時間なら安定飛行するようになり、動画撮影もできたので、ひとまずタスクとしては完了。 マスターまでは程遠いですが、とりあえず使い倒して壊すところまでいったので、一区切りです。

「(次の)プログラマブルなドローンを買う」という別タスクを登録しました。

Pythonを勉強する

プログラミング言語Pythonを仕事で使うことになったので、そのお勉強。 なかなかどうしてプライベートでも使えるライブラリが豊富だと分かったので、TwitterEvernoteAPIを叩いたりしております。

英語ネイティブの友達を作る

突然ですが、「ゆっふぃー」こと寺嶋由芙さんというアイドルがおります。 たまたま観ていたみうらじゅんの某番組にアシスタントとして出演していたので、知っていたのですが、そのときはそれほど注目していませんでした。

ところがそんなとき、通っていた英会話スクールの講師の中に、ゆっふぃーヲタクを発見してしまったのです。

ポートランド出身のガチアメリカ人のその講師は「日本人でゆっふぃーを知っている人に初めて会ったYO!」と大興奮。 別に私はアイドルヲタクではありませんが、せっかく英語で楽しく話せる話題が見つかったので、ここで引いてはならぬとゆっふぃーヲタクになることにしました2

また、その講師とは他の趣味も近いことが判明し、一気に友達になってしまいました。

それからというもの、ゆっふぃーのシングル発売日には(事前に示し合わさずに)、講師とCDショップで会うというスタイルを確立しています。 彼は日本語ペラペラですが、英会話スクールの契約が切れた私と話すときでも英語を使ってくれるのはありがたい限り。

株を買う

株ではなく、仮想通貨を購入しました。 私は、ビットコインではなく、FCT(ファクトム)とNEMネム)を中心に購入。 いまは友人の勧めもあり、ETH(イーサリアム)ももっています。 投資額は少ないですが、バブルが怖い怖い。

拡大家族旅行する

箱根に家族旅行しました。 なにが拡大かというと、私の両親と妹夫婦も呼んだから。 両親が還暦で定年退職、さらに同時に故郷の熊本に引っ越すことになったので、その前の思い出づくりですね。

NASを導入する

NASとは、ネットワークHDDです。 写真と音楽をここに全部ぶち込んで、家のどのPCやスマホからでもアクセスできるようにしました。 ついでに、バックアップのために、クラウドストレージもすべて最新に保つようにしています。

ラズパイで音楽プレイヤーを作る

ラズベリーパイという小型PCを音楽再生専用機にしました。 上記NASのデジタル音楽ファイルを、iTunesを立ち上げることなく聴くことができるようになりました。

妻と2人で食事する(毎季)

子供らを2時間ほど実家に預けて、ゆっくりする時間を確保するタスクです。 子育てには息抜きも必要。 あとは家族計画の話し合いも兼ねて。 目標は3ヶ月に1度の頻度でしたが、達成しました。

まとめ

数えてみたら15個でした。 もう少しなにかあった気もしますが、記録にないので、まぁこんなもんでしょう。 2018年もいろいろやるぞ!

参考

qiita.com


  1. Studio OneはCubaseを開発したエンジニアチームが開発しました

  2. ゆっふぃーが重度のツイ廃であることが判明したのも、理由の1つ。本番ステージ直後に1分経たずにツイートとか、ツイ廃の鏡。

時間は未来から過去に流れているという話

あけましておめでとうございます。 今年もゆるゆる書いていきます。ドウゾよろしくお付き合いくださいませ。

さて、2018年最初の更新は、ちょっとブッ飛んだ話を書きたいと思います。

時間が流れる方向の話です。

宇宙からの教頭先生

こんなポッドキャストが好きで聞いているのですが。

大人気のメールマガジン「高城未来研究所」が、ついにポッドキャストへ。この番組では、世界情勢の裏側、エネルギー、水と食物、テクノロジーとメディアなど未来動向を読み解くため、毎回多彩なゲストをお招きし、マスメディアではなかなかお話しできない俯瞰的な視点と私見を、皆様にお伝えしていきます。

Podcast紹介文より

「ねぽりんはぽりん」のもう少しマニアック版といった感じですかね。

第44,45回のゲストは、某私立高校の教頭・中村先生(仮名)が、日本と教育について語る回でした。

なんと、中村先生の正体は宇宙人なのだそうです。 彼は「53年前に地球に降り立った記憶が残ってい」て(番組収録時点で53歳)、しかも同時期に20人程が一緒に地球に降り立ち、しかも、そのうちの一人が高城剛であり、本ラジオの収録のために53年ぶりに再開したそうです。 その「証拠」に、中村先生と高城剛は「偶然にも」誕生日が一日違い。ゴイスゴイス。

これの何が一番驚くかって、勤務先の生徒にも日常的にそう語っているとのこと。

さて、それはどうでもいいのですが。

中村先生はインタビューの中で、大半の地球人は、西洋的価値観に洗脳され、本来の時間の流れと逆向きを普通と思うように洗脳されてしまっている、と述べています。

つまり、時間は未来から過去に向かって流れているんだよ!

f:id:euphoniumize-45th:20180101235433j:plain な、なんだってー!

というわけで、今回は時間のお話です。

時間の流れはどっち向き?

私には宇宙から来た記憶はありませんが、時間の流れについては違和感をずっともっていました。この番組を聞いて、少し腹落ちした感があります。

中村先生の例を拝借しつつ、簡単な例を考えてみます。

川

川を想像してみましょう。 水が上流から下流に流れています。 あなたは、川の中に入って立ち止まり、上流に向かっています。そこで、ボールを上流に投げます。ボールは川に落ち、水の流れに沿って戻ってきます。ボールが自分の近くに流れて来るなら(または、自分がボールの到達点に横移動すれば)、ボールを捕まえることができますね。 また、自分より下流に流れたボールは、もうこれを捕まえることはできません。

まったくもって当然の自然現象ですね。 では、これを時間に置き換えてみます。

時間が未来から過去に流れています。 あなたは未来を向いて、ボールを投げ込みます。そのボールは、夢や野望と呼ばれます。単なる予定でも良いです。 しばらく待っていると、あるいは自分が到達点に移動すれば(なんらかの努力をすれば)、ボールを捕まえることができます。 過去に流れていった出来事は、もうこれを捕まえる(変える)ことはできません。

どうでしょうか?
時間が未来から過去に向かって流れていることがイメージできましたか?
一度ではピンとこなくても、何回か読んでみると、だんだん理解できてくると思います。

あるいは、過去→未来の方向で同じように考えてみてください。 きっとどこかでおかしいところが見つかると思います。

といっても、別に科学的・物理学的にどうこう言いたいわけではなく、宗教的な話をしたいわけでもなく、そんな考え方もあるよ、という程度の話です。
この考え方のメリットとしては、思考が前向きになることですかね。

中村:もし上流からいいものが流れてきても、後ろ向いているから取れないじゃないですか。 今、地球人を見ているとほとんどそうですよ。 私は向こう1でそういう教育を受けてきたから、人が昔投げたものまで全部キャッチしちゃっていて、申し訳ないくらいです。

ちなみに江戸時代の時計は、針が動かずに、文字盤が動くものだったそうです。 昔の日本人は、川の中に立つ自分のイメージを持って時間を読んでいたのでしょうか。

あるいは、歴史は繰り返すと言いますが、ひょっとしたらこんな時間の流れが正しいのかもしれません。

繰り返す川

未来があって過去がある

中村:今の地球人のほとんどは、過去に原因があって今の自分がいると思っているんです。 よく「あの時、ああしたから」って、言うじゃないですか。 そうじゃないんですよ。 だって、時間は未来から過去に流れているんですから、原因は未来にあるわけです。 未来があって、今、結果が出ているんですよ。

高城:僕もそう思いますよ。 未来をしっかり理解できれば、いまを変えられるわけですから。

実は私は、最近まで未来(の予測)にはあんまり興味がなかったのです。

歴史を学ぶのは好きでも、それはあくまで物語として。 テクノロジーについても、仕組みを理解・再現・構築するのが好きなのであって、未来自体はよく分からないもの、あるいは、予測しても意味がない、と考えていました。

今思えば、ある意味、後ろ向きな思考に陥っていました。

しかし、自分のアタマで考え始めると、がぜん未来にも興味がわいてきました。 自分やその周囲の人達の未来のために、現在や過去の出来事を知るということの重要性が分かってきました。
言い換えると、他人の描く未来を見ていてもダメってことかもしれません。

今回の記事は半分冗談です、念のため。(半分は本気です) この辺をまともに議論できる未来(時代)が来ると楽しいかなーと思いますが、100年程度では無理かもしれません。

次回からは通常運営のつもり。 今年もよろしくお願いします。

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。

方丈記


  1. 向こう = 中村先生の出身の星