木牛流馬は動かない

テクノロジーや気付きによる日常生活のアップデートに焦点をあて、個人と世界が変わる瞬間に何が起きるのかを見極めるブログ。テーマは人類史、芸術文化、便利ツール、育児記録、書評など。

木牛流馬が動かない

Civ4五大国決戦マルチ実況・木牛流馬視点 (5) 文化揺籃の時代

長らく空いてしまいましたが、Civilizationマルチプレイマルチ実況の第5回です。

前回はこちら。 euphoniumize-45th.hatenablog.com

例によって、ブログ「希望は天上にあり」さんとのコラボ企画です。リンクはのちほど。

馬、復活

前回プレイ時、北の牧草地で災害がありました。 その時はとくになんの被害もないと思っていたのですが、被害が判明しました。

どうもこの頃、騎兵ユニットの生産が進まないと思っていたところ、に関係するユニットが生産できなくなっていたのです。 気付いたのは、災害から数ターン後でしたが、復旧までにだいぶ資金と時間を使ってしまいました。

というわけで、牧草地を復旧し、の生産を再開し、騎兵ユニットも生産が再び始まりました。 長かった…

データ/テクノロジー/中世 - Civilization4(Civ4 シヴィライゼーション4)Wiki

産業革命が起きるまでは、馬系のユニットがモノをいう時代が続きますからね。 このあたりも史実通りでしょうか。

出られない

この頃、人知れず地味な失敗が続きます。

まず、斥候が動けなくなりました。 すでに「希望は天上にあり」さんにて前回触れられてます。

f:id:euphoniumize-45th:20190217234803p:plain
出られない

お次は船。

我が国の北に「北極海」があります。便宜上、そう呼びます。

f:id:euphoniumize-45th:20190217234836p:plain
出られない

海があったら入りたいので、船を作りました。 船ですこし北上してみたら、なんとその海は氷に覆われた海であることが判明。

ええーー、、、まぁ北極海ではあるけどさ…

しかも、内海。 せっかく作った船は外海に出ることができず、ただの遊覧船に成り下がりました。 この後、大航海時代がやってくるので、それに備える意図もあったのですが。。。

こういう細かい無駄遣いが頻発し、内政もなかなか捗らない時期でした。

通貨危機

突然、弦の国のなるよ氏が謎なことを言い始めました。

f:id:euphoniumize-45th:20180423015605p:plain

金の亡者は、ちょっと何言ってるかわかりませんね。 弦の民は、その前にも謎な発言をされていました。

f:id:euphoniumize-45th:20180423015913p:plain

これの詳しい事情は弦の国さんの記事を参照ください。 きっと何か書いてあるはず。

地球平面説に疑いアリ?

またまた、弦の国のなるよ氏が謎なことを言い始めました。

f:id:euphoniumize-45th:20180423020212p:plain

どうやらこの世界は球体であると言いたいらしいです。 ちょうど彼はインフルエンザに罹っていたので、高熱にうかされて幻覚でも見たのでしょう。 以下の記事でも読んで、お大事にどうぞ。

misosoku.com

ところで、Civ4では、世界を球体として理解することができるようになるには、テクノロジーが必要です。

…ほう、意外と進んでいるな、あいつ。。

弦の国さんの発言を一蹴したのは、それが悔しかったから、というのが一番の理由だったりします。

ちなみに、象と亀の上に土地がある世界観は、仏教の世界観が元になっているようです。

なるほど、この世界観と六道の地獄が繋がるわけですか…それは知りませんでした。 しかも、「三千世界」の単語の由来とは。

世の中知っているようで知らないことだらけですわ。

地球平面説 - Wikipedia マッパ・ムンディ - Wikipedia

弦の国包囲網

こんな感じで、良くも悪くも弦の国がキーとなるゲームになってきました。 ここらで手を打っておかねば取り返しのつかないことになりそうです。

そこで、馬の民(モンゴル)、ドイツの両国に提案をしました。

提案内容の要点としては、大陸西方のマリ(NPC)と各国が友好外交をすることで、緩やかな弦の国包囲網を形成することです。

http://hiah.minibird.jp/wp/wp-content/uploads/2018/02/180128_ad590_map_2.jpg
こちらも「希望は天上にあり」さんの前回分より拝借(A.D.590頃)

武力的な包囲網も可能性はゼロではないので(あまり高くもないと思ってますが)、一応触れておきました。 その時の会話の流れは以下のとおり。

木牛流馬 仮にマリ対弦の国戦争が勃発したときに、弦の国を支援するフリして、3カ国同時宣戦布告とかもアリですよ。時期的に今すぐはできないけど。

それに対する両国の反応はこちら。

餃子国(ドイツ) 弦の国とは不可侵を結んでいるので、表立った行動は難しく。AI(マリ)に補助するならできるかな。

なんと。

馬の民(モンゴル) 餃子さんと不可侵か 俺も不可侵条約結んでる

なんと!!

まぁ地理的に中心にいる弦の国からすれば、隣国と不可侵条約締結は当然の外交ではありますが、弦の国さんなんとも周到な奴です。 これでは経済的にはともかく、軍事包囲網は作れないじゃないか…

嘆いてもしかたないので、少なくとも以下の警告だけはしておかねばならないと判断し、餃子・馬の民両国にお伝えしておきました。

木牛流馬 弦の国が帝政を敷きましたが、要注意です。 帝政とは、周辺国に従属と朝貢を求める可能性があります。逆らえば、弦の国の反逆者とみなされます。やつが吠えているだけといえばそうだけど、世論をつくりかねない。
これは予想だけど、弦が、我々3カ国に対して、たとえば馬の民さんに「シャカ・餃子はすでに弦の配下(同盟)に入った」と言ってきたら? これを3カ国それぞれに言ってきたら? うっかり信じてしまうと、弦の国に利するだけです。ぜひお気をつけを。

こんな裏取ればすぐバレるハッタリを弦の国がかますとも思えませんが、タイミングと話術次第ではありえなくもない。 弦の国が軍事的行動に出るメリットがあまりなさそうですが、「いつでもイチャモンつけられる状態」を作り上げつつある、ということがわかりました。 帝政こわい。

なんだかすでに後手に回っている気がしますが、まずは弦の国の目的を読むことが先決です。が、まだよく分からない。

今回は大きな作戦発動までは至らず、各国意向の確認程度で終わりましたが、もう少し戦略を詰めていかないといけないところです。

接続エラー

と、ここでゲームの接続エラーが発生。

naruyoさんがゲームを中断しました

セーブして、接続し直してみる。 その後、私+誰か1人しか接続できなくなりました。

Civ4用語でいえば、我々は「ダイレクトIP接続」でマルチプレイをしており、私がホストなのです1

ゲームスタート時のホストの役割は、ゲームを立ち上げてクライアントの皆さんが接続しに来るのを待つ、だけ。 そして、全員がそろったら(ログインしたら)、ゲーム開始ボタンを押す。 簡単なオシゴトですが、ここにたどり着くまでにいろいろ調べたのですよ…

この日も、いろいろ試しましたが、復旧しませんでした。 マルチプレイ用のサーバーが不調という可能性もありました。 このとき既に日付が変わろうかという時刻だったので、これ以上の調査はせず、泣く泣くこの日は解散となりました。

おしまい。

本実況の別視点、弦の国さんの実況記事はこちら。 hiah.minibird.jp


  1. 固定グローバルIPアドレスを持っている(わかる)のが私だけだったから。