読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木牛流馬が動かない

知っていれば世の中が違ってみえる小さな発見を探しています。といいつつ単に個人メモだったりもします。中の人は、読書・育児・ライフハックが好物の外資系ITメガネ男子です。

読書リスト (2016年06月分)

先月読んだ本のリストと、一言コメントです。 

 

イデアのつくり方

思考法というよりも、ノウハウに近いかも。私自身が体験したことのある方法だったため、それを理論的に説明してもらえて、とても腑に落ちました。

★★★★

アイデアのつくり方

アイデアのつくり方

 

 

 

週刊アスキー増刊号

自宅のネットワーク環境とホームオーディオを1つのシステムに統合したいと思ってます(そのうち記事書きます)。

★★★

 

悩みどころと逃げどころ / ちきりん・梅原大吾

 今年最高の本だと思います。全員必読。 

★★★★★

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)

 
 
 

天賀井さんは案外ふつう (2) / 城平京水野英多

待望の第2巻。まだまだ謎は深まるばかり。独特の城平節も炸裂してます。

★★★

 

さよなら、インタフェース / ゴールデン・クリシュナ

現代では当たり前になっている画面ありきの問題解決・設計方針に一石を投じる良書。HMI, GUI開発者は読んでおきたいですね。監修は及川卓也氏(http://qiita.com/の中の人。元Google)。

★★★

さよなら、インタフェース -脱「画面」の思考法

さよなら、インタフェース -脱「画面」の思考法

  • 作者: ゴールデン・クリシュナ,武舎るみ,武舎広幸
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2015/09/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

めだかボックス / 西尾維新暁月あきら

そういえば読んだことなかったのでイッキ読み。中二感がたまらないですね。ダンゲロスを再読したくなりました。

★★★

 

ちょっと読書欲が出てきたからって調子にのると、すぐ積読(つんどく)がたまります。
以下は未読本。